おいしい飲み方

お茶とほうじ茶の違いとは?日本茶の種類について調べてみた

普段飲んでいるお茶ほうじ茶違いってなんだかわかりますか?

たまにはペットボトルや缶のお茶ではなく、急須等で淹れたお茶を飲みたくなる時ありますよね。

そんなとき、スーパーやコンビニにお茶を買いに行くと「玉露」「煎茶」「番茶」「ほうじ茶」「抹茶」などいろいろな種類のお茶があって選ぶのに迷ってしまいます。

私もパッと見ではどのお茶が良いんだろうってなります。

玉露や煎茶、抹茶又はほうじ茶といろいろな種類がありますが、この記事では主に、お茶ほうじ茶違いについて紹介していきますね。

お茶とほうじ茶の違いについて

ひろ
コンビニやスーパーに行くとお茶の種類が多くて困るよね。特にほうじ茶と緑茶の違いって何だろう?

ほうじ茶を飲むことでメリットもあるのかな?

お茶(緑茶)とほうじ茶は、製造過程で異なる部分がある点とメリットは緑茶に比べてほうじ茶はカフェインが少ないことかな。

緑茶はほうじ茶に比べてカフェインが多いけどカテキン類が多いことで差別化できるよね。また、ほうじ茶は茶類だからポリフェノールも入っているよ。

ゆりあ
ひろ
お茶とほうじ茶の違いについてもっと詳しく知りたいね。

最初にお茶(緑茶)とほうじ茶の違いについて説明します。

ほうじ茶は緑茶の一種に分類されます。「緑茶」「ほうじ茶」と分けて表記され売られていますので全くの別物かと勘違いしてしまいますよね。

ほうじ茶は、漢字で「焙茶」と表記されることもあります。緑茶(煎茶)の主流から外れた番外のお茶「番茶」をきつね色になるまで焙煎(ばいせん)し、

香ばしさを引き出したお茶が「ほうじ茶」です。

日本で生産されるお茶の殆どが緑茶で、栽培方法、製造の仕方によってさまざまな種類のお茶となります。

お茶とほうじ茶の違いは主に製造工程で変わります。

緑茶(番茶や煎茶)とほうじ茶は同じ茶葉を使うお茶ですが、緑茶は生葉を蒸して発酵を止め揉んで乾かす不発酵茶(発酵しない)、すっきりとした味わいと爽やかな香りが特徴です。

一方でほうじ茶は、生葉を蒸して発酵を止め揉んで乾かしたうえでさらに焙煎して出来上がります。香ばしさが際立っていることが特徴です。

日本茶の特徴

次に日本茶の種類について説明します。

日本で生産されるお茶は、殆どが緑茶です。昭和40年代(1960年代)までは、各地で紅茶が生産されていましたが、品質・価格面でインド・スリランカに太刀打ちできませんでした。

また、日本でウーロン茶がブームになって昭和54年(1979年)から60年(1985年)ころには、ウーロン茶の製造に試みたこともありますが、紅茶同様に芳しくなく、

現状では日本で生産されるお茶は殆ど緑茶といえます。

製法は、ほぼ蒸し製法で、九州の一部では地産地消(地元消費)のため釜炒り(かまいり)緑茶(玉緑茶など)が存在しています。

また、日本茶は先述した通り不発酵茶で、日本茶とは不発酵茶の総称です。

栽培方法や採摘時期などの違いで、呼び名や味わいの異なる様々なお茶になります。

日本茶の種類

次に日本茶の種類を紹介します。

  1. 煎茶
  2. 深蒸し煎茶
  3. 玉露
  4. かぶせ茶
  5. 玉緑茶
  6. 釜伸び茶
  7. 釜炒り玉緑茶
  8. 茎茶
  9. 芽茶
  10. 頭柳(頭)
  11. 粉茶
  12. 抹茶
  13. てん茶(碾茶)
  14. 玄米茶
  15. ほうじ茶
  16. 番茶(一番茶、二番茶、三番茶又は秋冬茶)
  17. 新茶

 

全部で17種類ほどあります。詳しい説明は以下のサイトを参照してください。

お茶百科  http://www.ocha.tv/varieties/nihoncha_varieties/

 

ここまで、日本茶について説明してきました。

ほうじ茶の特徴

ほうじ茶の特徴について説明します。

ほうじ茶の特徴は、カフェインが少ないことです。お茶の主な有効成分は、タンニン、カフェイン、ビタミン類です。

このうちほうじ茶には抗ガン作用などで注目されているタンニンが含まれていますが、カフェインはごく少量だけです。

それは、ほうじ茶を作る際に柳類のお茶(番茶)を高温で焙煎することによってカフェインの成分が無くなるためです。

次にほうじ茶の製造工程について紹介します。

①茶畑

初夏の太陽を浴びたお茶の葉を露天園と呼びます。覆いをかけられ日光を遮った畑(覆下園)で育てられる玉露や抹茶とは別の畑です。

②茶摘み

立春から八十八夜(5月2日頃)が過ぎたころ、その年初めての茶摘みと新茶づくりの忙しさがやってきます。

4月30日の萌芽から約30日、葉の中に香りの成分やうまみが蓄えられたころを見計らって摘みます。

③蒸す

生葉の鮮度が落ちないうちにすぐ(半日~20時間以内)「蒸し」の工程に移ります。若葉の持つ新鮮な色や香りが損なわれないよう、約15~20秒間蒸すことにより葉の酸化酵素の働きを止めます。

あたり一面に若葉の香りたちこめる、紅茶やウーロン茶にはない独自の製法です。

④揉みながら乾燥させる

蒸した葉を揉んで、繊維をほぐしお茶のうまみの成分を葉全体に行き渡らせます。

この「揉み」の工程で生まれるのが、茶葉の「より(ねじれのようなもの)」で最初は粗く、次第に丁寧に揉み均一な「より」をかけます。

水分を十分になくし、茶葉の変質を防ぎます。

ここまでは日本茶も同様の工程で製造されます。この工程以降に、焙煎という工程を入れることでほうじ茶が出来上がります。

⑤高温で焙じる

「③ 蒸す」の段階が終わると、より粗い葉や大きな茎、それ以外の葉(この部分が煎茶となります)を分けます。

このうち、粗い方のグループのお茶を高温に設定した機械で焙じます。

この工程で、カフェインが消える(少量になる)と同時にほうじ茶の香ばしさが生まれます。

この工程まで行なうとほうじ茶が出来ます。

ひろ
ほうじ茶は茶葉を蒸した後に高温で焙じるとほうじ茶が出来るんだね。
高温で焙煎するという工程がポイントだね。この工程を経ることで茶類特有のカフェインが少なくなるんだ。
ゆりあ

八十八夜について

八十八夜とは、立春(2月3日頃又は節分)から数えて八十八日目にあたる日のことをいいます(大体5月2日前後)。

八十八夜は春から夏に移る節目の日、縁起のいい日とされてきました。

このころは、茶摘みの最盛期でもあり、天候条件も含め極上のお茶となります。

 

また、八十八夜に摘み採られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として重宝されています。

ここまでほうじ茶の特徴について説明してきました。

おすすめの日本茶やほうじ茶を紹介!

次は、私のおすすめの日本茶とほうじ茶について紹介します。

私が好きな日本茶は、玉露とかりがねほうじ茶です。

玉露は、まろやかな甘みと強めの旨味を感じられるお茶でリラックスしたいときやしっかり寝ておきたいときに飲みます。

玉露にはリラックス効果ストレスの抑制睡眠の質の向上といった効果があります。こういった面でもお勧めです。

かりがね(雁ヶ音)ほうじ茶は、玉露や煎茶の製造工程で茎や葉脈などを選別したもので、茎茶や棒茶とも呼ばれます。

渋みをほとんど感じない柔らかくまろやかな味ですので飲みやすいです。

この雁がねほうじ茶の包装されている缶の模様が好きなんです♪
ゆりあ
ひろ
へ~、どんな模様なの?
鳥獣戯画の絵が入っている缶ですよ、鳥獣戯画ファンには堪らない代物ですね。
ゆりあ

新茶と番茶について

新茶と番茶について説明していきます。

番茶

番茶には、一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶があります。一番茶は、その年の最初に生育した新芽を摘み採って作ったお茶のことで、新茶と呼ばれることもあります。

以降、摘み採った順番により「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。

「一番茶」はその後に摘み採られる「二番茶」「三番茶」などと対比して使われることが多く、「新茶」は1年で最初に摘まれる「初物(はつもの)」の意味を込めて、また「旬」のものとして呼ばれます。

地域によっては、三番茶を摘み採らず秋口に摘む「秋冬番茶」もあります。

いずれにしても摘採期、品質、地域などで日本茶の主流から外れた番外のお茶を指しています。

一説には、遅く摘み採ったお茶、つまり「晩茶」から転じて番茶、あるいは番小屋で待機中に飲んだ安いお茶を番茶という説もあります。

新茶

「新茶」とは、その年の最初に生育した新芽を摘み採って作ったお茶のことです。鹿児島などの温暖な地域から摘み取りが始まり、桜前線と共に北上してきます。

「新茶」と「一番茶」とは基本的に同じお茶のことで呼び名が異なるだけです。

その使い分けとしては、「一番茶」はその後に摘み採られる「二番茶」「三番茶」と比較して使われることが多く、

「新茶」は一年で最初に摘まれる「初物(はつもの)」の意味を込めて、また「旬」のものとして呼ばれる際などに使われます。

新茶の特徴は、若葉の「爽やかで清々しい香り」にあります。

また、新茶は「二番茶」「三番茶」に比べて苦渋みのあるカテキンやカフェインが少なく旨味、甘みの成分であるアミノ酸が多い傾向にあります。

まとめ

ここまで、お茶とほうじ茶の違いについて説明してきました。以下はまとめです。

  • ほうじ茶は茶摘み→蒸す→揉みながら乾燥させる→焙煎させるといった工程で出来上がる
  • 番茶には一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶という呼び名がある
  • 新茶は一番茶と呼び名が違うだけで、摘む時期は同じで初物という意味も込められている
  • 八十八夜は縁起のいい日で茶摘みの最盛期
  • 日本茶といっても色々な種類がある
  • 焙煎時にカフェインが消える(少量になる)

の以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

ほうじ茶は緑茶と違い、カフェインが少ないことや香りが良いことで知られています。

就寝前にほうじ茶を飲んだとしても寝られないということはありませんので、是非時間に関係なくほうじ茶を飲んで下さい。

-おいしい飲み方

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5