お茶の豆知識

マグカップに頑固なお茶汚れが!簡単に落とす方法と予防方法も調べてみた!

「お気に入りのマグカップにお茶の汚れがこびりついて落ちない!」という経験はありませんか。

わたしも、気づいたらせっかくの真っ白いマグカップにびっしりと汚れがついていました。

見た目もあまりよくないですし、健康面にも影響がないかも心配になりました。

普通に洗っても落とすことができないので、マグカップを買い替えようかと思っていました。

また、汚れが付かないようにする方法はないのか気になりました。

そこで、お茶の汚れの原因と落とし方、予防方法を調べてみましたよ!

これでマグカップをピカピカにできますよ♪

マグカップのお茶汚れの正体とは

ひろ
よく紅茶を飲むんだけど、お気に入りのマグカップの汚れがひどいんだ。
確かに、すぐ茶色くなっちゃうわよね
ゆりあ
ひろ
見た目も気になるし、衛生的にもどうなんだろう

このようなマグカップの汚れは、「茶渋」や「ステイン」と呼ばれるものです。

「ステイン」という言葉は「シミ・汚れ」という意味で、歯磨き粉のCMなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。

このようにお茶に含まれるタンニンという着色成分お湯の中のミネラルお茶や乳製品のタンパク質などが結合し、マグカップにくっつくことで茶渋となります。

水に溶けにくい物質に変化しているため、普段通りに洗うだけでは落とすことは難しいです。

あまり気分がいいものではないですし、いざ来客のときなど焦ってしまいますよね。

実は見た目以外にも、茶渋には雑菌が潜んでいると言われています。

すべてが身体に害を及ぼす殺菌ではないですが、悪い菌が繁殖しているかもしれません。

なるべくピカピカの状態にしておきたいですよね。

茶渋の簡単な落とし方

ひろ
茶渋って全然とれないんだよね、買い替えようかな…
そんなことしなくても、身近なもので結構簡単に落とせるわよ!
ゆりあ

茶渋は普段通り洗うだけではなかなか落とせませんよね。

しかし、身近なもので茶渋を落とせることがわかりました!

塩を使って落とす 

とても身近な塩で茶渋が落とせるんです!

キッチンに常備しているものですし、今すぐ試せそうですね。やり方もとっても簡単ですよ。

塩を使った茶渋の落とし方

  • スポンジを湿らす
  • スプーン1杯ほどの塩でマグカップをこする
  • いつも通り洗い流す

たったこれだけです!

口をつけるマグカップですが、塩なら安心ですよね。

実際に塩で試してみました。

このとおり!塩でこするだけでピカピカになりました。

塩には研磨効果があるのでピカピカになるようです。

大切なマグカップを傷つけないように、あまり強い力でゴシゴシしないようにしてくださいね。

また、塩なので指先がすこしヒリヒリしました。

指に傷などある場合や肌の弱い方は、念のためゴム手袋をすることをオススメします。

レモンの皮を使って落とす

レモンの皮を使って茶渋が落とせます。

レモンティーを飲んだ時など、ついでに使えるのがいいですね。

レモンの皮を使った茶渋の落とし方

  • マグカップの水分を拭き取る
  • レモンの皮を押しつぶして出てきた汁でこする
  • いつも通り洗い流す

レモンの皮に含まれるリモネンという成分に、汚れを落とす効果があります。

こちらも食べ物なので安全ですね。

レモン以外に他の柑橘系の皮でも代用可能ですよ。

重曹を使って落とす

一度にたくさんのマグカップの汚れを落としたいときや、直接こすれない部分の汚れを落としたいときには重曹がオススメです。

重曹を使った茶渋の落とし方

  • マグカップに熱湯を注ぐ
  • スプーン1杯ほどの重曹を入れてよく溶かす
  • 1時間ほど放置して洗い流す

たくさんのマグカップをキレイにしたい場合は、鍋などに重曹水を作ってそこに浸してみてください。

重曹は粒子が細かく発泡性があるため、茶渋を浮かせて取りやすくしてくれます。

他にも、ガスコンロのや電子レンジの汚れを落とすことにも使えるので、常備しておいて損はないですよ♪

茶渋用の洗剤を使って落とす

どうしても落とせない頑固な汚れは、漂白剤を使うという手もありますが、どうしてもツンとしたニオイが気になりますよね。

そこで、茶渋専用の洗浄剤をオススメします。

茶渋専用洗浄剤使い方)

  • お湯1Lあたり5~10gの洗浄剤を溶かす
  • 汚れの度合いに応じて15分~1時間ほどつけ置きする
  • 水でよく洗い流す

使い方も簡単ですね。どうしても落ちないときに使ってみてください。

茶渋の予防方法

簡単にお茶の汚れが落とせるとはいえ、やっぱりそもそも茶渋をつけたくないですよね。

茶渋を予防する方法がないか調べてみました!

飲み終わったら早めに洗う

何よりもまず、お茶を飲んだマグカップは早めに洗うことが肝心です。

お茶の成分は時間が経つとどんどん茶渋へと変化してしまいます。

そのため、放置せずすぐ洗うように心がけましょう。

とはいえ、急いでいて洗えない時はマグカップに水を入れておくだけでも茶渋を防止できますよ。

そのまま放置すると雑菌がわいてしまうのでその日のうちには洗いましょう。

米のとぎ汁を使う

陶器のマグカップの場合、米のとぎ汁で煮ることで茶渋を予防できます。

「目止め」と言って、お気に入りの陶器の食器を長く使うために使う前にしておいた方がいいお手入れ方法です。

土でできた陶器の表面は、目には見えませんがザラザラしています。

その表面を米のでんぷんで埋めることで、汚れを染みにくくさせるという方法です。

目止めの方法

  • 鍋にマグカップが浸かるくらいの米のとぎ汁を入れる
  • 20分ほど弱火で煮出す
  • 鍋にいれたままよく冷まし、水ですすぐ

自宅にあるもので簡単にできるので、試す価値ありですね♪

米のとぎ汁以外にも、小麦粉や片栗粉を溶かして代用できますよ!

磁器のマグカップを使う

陶器のマグカップに比べて、磁器のマグカップは茶渋がつきにくいのでオススメです。

磁器の原料は石で粒子が非常に細かいため、陶器にくらべて表面がツルツルしています。

水を通しにくく色や臭いも付きにくいことが特徴です。

陶器には陶器の良さがありますが、茶渋の付きにくさだと磁器のマグカップを選ぶと良いですよ♪

こちらは、シンプルなデザインの磁器マグカップです。どんな場面でも使えそうですね。

こちらは有名な有田焼のマグカップです。

シックなデザインで、職人さんがひとつひとつ手作りしてくれているのでそれぞれの個性も楽しめます。

まとめ

  • マグカップの汚れは着色成分・ミネラル・タンパク質が合わさって変化した「茶渋」
  • 茶渋は身近にある塩やレモンの皮で落とすことができる
  • 重曹や茶渋専用の洗浄剤を使えば頑固な茶渋も落とすことができる
  • マグカップ汚れの予防には素早く洗うことが有効
  • 陶器のマグカップは米のとぎ汁で煮出すと表面が滑らかになり、汚れにくい
  • 磁器のマグカップはツルツルなので汚れが付きにくい

お茶の汚れは塩を使うことで簡単に落とせることがわかりました。

これからは、茶渋を予防してピカピカのマグカップでお茶ライフを楽しみましょう!

-お茶の豆知識

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5