お茶の豆知識

お茶に油が浮くのはどうして?その正体と防止方法を徹底解説!

「自宅でお茶を沸かしたら、なんだか油のようなものが浮いていた」という経験はありませんか?

わたしも自宅で麦茶を沸かしたときに、油のようなもの浮いてしまっていた経験があります。

お茶を沸かしながら隣のコンロで揚げ物をしていた、というのなら話は別ですが、そんなことはしていません。

そして、もちろんヤカンはきれいに洗っているはずなのに油が浮いてしまいました。

どうして油が浮くのか不思議に思いました。

また、「もしかするとお茶の品質に問題があるのでは?」と健康面が心配になりました。

そこで、お茶に油が浮く理由とその防止方法はあるのか、油が浮きやすいお茶はあるのか調べてみました!

お茶に油が浮く理由

ひろ
この間お茶を沸かしたら表面に油みたいなものが浮いていてキラキラ光ってたんだ…
ちゃんとヤカンは洗っていたの?近くで料理してその油が飛び散ったとか?
ゆりあ
ひろ
ううん。いつもしっかり洗っているし、料理はしてないよ。
じゃあどうしてかしら。不思議だし、なんだか心配ね。
ゆりあ

せっかく沸かしたお茶に油が浮いてしまっていると、なんだか気持ち悪いですよね。

実は、お茶に浮く油の正体はカテキンと水中のカルシウムが結合したものだそうです。

その成分がお茶の表面に浮かび、油のように見えているということです。

もともとお茶に含まれている成分が変化したもので、身体への影響はないそうですよ。

もともとお茶パックのパッケージに書かれていることもあるようです。

品質上問題ないとはいえ、お茶の賞味期限や正しい沸かし方は確認するようにしましょうね。

また、自宅で沸かしたお茶は早めに飲み切るようにしましょう。

作り置きのお茶はどのくらいで飲み切った方がいいのかについては、こちらの記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

油が浮かないようにするには

お茶に浮いている油は身体に影響がないことはわかりましたが、見た目が気になってしまいますよね。

また、来客時に出したお茶に油が浮いていては、気分を害されるかもしれません。

油が浮くのを防ぐことはできないのでしょうか。

80℃に保温したモデル硬水1000mlに、ウーロン茶のティーバッグ(8.5g入り)1袋 いれ2分間抽出後、浸出液を80℃で1時間放置すると、表面に膜状のものが生成した。

参考:日本食品科学工学会誌 第49巻 第5号

このように、こちら実験では油の浮きやすい条件が判明しています。

それらをまとめると、お茶に油が浮きやすくなってしまう条件は

お茶に油が浮きやすくなってしまう条件

  • 硬水を使ってお茶を沸かす
  • お茶を煮出す
  • 80℃以上で保温する

というものが挙げられます。

つまり、これらのことをしないようにすればお茶に油が浮くのを防ぐことができます。

具体的には、

お茶に油が浮くのを防ぐ方法

  • 軟水を使ってお茶を沸かす
  • ヤカンで煮出さず、急須でお茶を淹れる
  • 水出しでお茶をつくる
  • 沸かした後、急速に冷やす

という方法があります。

軟水を使ってお茶を沸かす

日本の水道水はもともと軟水なので、水道水でお茶を沸かすとしても油は浮きにくいです。

しかし、日本国内であっても場所によって水質は異なります。

map_img1.png

出典:クリタック株式会社 全国水質マップ

赤色に近いほど水の高度が高いです。

心配な方は軟水のお水を購入してお茶を沸かすか、水道水を軟水に変えることのできる浄水器を試してみてはいかがでしょうか。

きちんとろ過したお水を使うことで美味しいお茶や料理が作れますし、トータルで考えるとペットボトルのお水を購入するよりもコスパが良いのでオススメです!

ヤカンで煮出さず、急須でお茶を淹れる

煮出すことでお茶の成分が変化しやすく、油が浮きやすくなります。

緑茶などの茶葉が開きやすい種類のお茶であれば、急須でお茶を淹れることで油が浮くのを防ぐことができます。

ただ、大量にお茶を作りたい場合はやや面倒かもしれません。

水出しでお茶をつくる

こちらも、煮出さずに作れるお茶の場合は有効な方法です。

水出しで作る場合はお茶っ葉をお茶ポットに入れておくだけなので、手間もかからずに楽ちんですよ。

大きなお茶ポットを用意しておけば、一度にたくさんお茶を作ることもできますね。

沸かした後、急速に冷やす

煮出さずお茶を作る方法を2つご紹介してきましたが、ほうじ茶やウーロン茶やなど、どうしても煮出さないとおいしく作れないタイプのお茶もありますよね。

その場合は、お茶を沸かした後はなるべく早く冷却するようにしましょう。

80℃の状態で保温されてしまうと油が浮きやすくなるので、自然に冷めるのを待っていると油が浮いてしまう確率がぐっと上がってしまいます。

ヤカンをそのまま氷水につけたり、お茶ポットにうつして冷却するようにしてみてください。

油が浮きやすいお茶の種類

油が浮きやすいお茶というのは、茶葉の成分にもよりますが、

  • ウーロン茶
  • 番茶
  • ほうじ茶
  • 丸粒麦茶

このようなものが挙げられます。

これらの共通点は美味しくつくるには煮出す必要があることです。

茶葉の開き具合はメーカーによって異なりますが、基本的にこれらのお茶は数分間煮出して作る必要があります。

そのため、油が浮きやすい条件に合致してしまうんですね。

とはいえ、身体に影響はないためそこまで神経質にならなくてもよさそうです。

まとめ

  • お茶に浮く油の正体はカテキンと水中のカルシウムが結合したもの
  • 身体に影響はなく、メーカーによってはパッケージに記載されている
  • お茶に油が浮いてしまう条件は、硬水を使う・煮出す・80℃以上で保温する
  • 油が浮くのを防止するには、軟水を使う・過剰に煮出さない・水出しで作る・急速に冷やす
  • ウーロン茶・番茶・ほうじ茶・丸粒麦茶などが油が浮きやすい

お茶に浮く油が体に影響がないことがわかって一安心ですね。

防止方法も手軽に試せるものばかりなので、早速実践してみたいと思います!

-お茶の豆知識

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5