お茶の豆知識

100均グッズでOK!?お茶やアロマオイルで癒しアイテムの作り方3選!

自分の好きな匂いは心を癒してリラックスさせてくれますよね。

そして私はお茶が好きで、味はもちろん、お茶の匂いも落ち着くので大好きです。

また、最近では100均でもたくさんのアロマオイルが売られています。

そんな100均グッズを使って、手軽にお安くアロマグッズを作る方法がないか調べてみました。

今回は、簡単なアロマグッズの作り方を3種類ご紹介します!

お茶パックとアロマオイルで簡単に作れるサシェ(匂い袋)の作り方

ひろ
最近アロマグッズにハマってるんだ!
素敵ね!自分の好きな匂いに囲まれると癒されるわよね。
ゆりあ
ひろ
そうなんだ。でもなかなか色々買ってると出費が…
100均のもので、簡単に作れるわよ!
ゆりあ

まず、ひとつめにサシェの作り方をご紹介します。

サシェとは匂い袋のことで、ハーブや乾燥させた花などを小袋にいれて香りを楽しむものです。

サシェの特徴

  • 香りがキツ過ぎない
  • 火や電気を使わないので、置いておくだけでOK
  • 香りは数ヶ月持続する

香りがキツ過ぎず、置いておくだけで手軽にいい香りを楽しめます。

お部屋に置いたり、クローゼットに入れたりして優しい香りを楽しめますよ。

用意するもの

  • お茶パック
  • 重曹
  • スプーン
  • ボウルなどの容器
  • アロマオイル
  • リボン

作り方

  1. 重曹に好きな香りのアロマオイルをたらして、よく混ぜる
  2. お茶パックに入れる
  3. 重曹を左右に寄せ、好きなリボンで結ぶ

重曹がこぼれないようにしっかりと結んで、持ち運ぶ場合は注意してくださいね。

乾燥ハーブなどがある場合は、直接入れてもOKです。

とても簡単で、リボンの種類や結び方でアレンジが広がりそうですね。

ティーパックのような形にしてお部屋に吊るしてもかわいいですね

ラベンダーの香りに合わせて紫色のリボンにしているのでしょうか。

好きな色のリボンを使ったりシールを貼ったりして自分好みにアレンジできるのも、手作りならではの楽しみ方ですよね。

お部屋がかわいくなるリードディフューザーの作り方

ふたつめに、リードディフューザーの作り方をご紹介します。

リードディフューザーの特徴

  • アロマディフューザーの一種
  • 木製のスティックが香りを吸い上げて拡散する
  • スティックの本数や長さで香りの強さを調整できる
  • 香り液が蒸発するまで持続する

アロマディフューザーにはライト式や超音波式のものなど、様々な種類があります。

その中でもリードディフューザーは、香り液の入ったボトルに木製のスティックを差し込んでいるもので、火や電気を使いません。

そのため、比較的簡単に手作りすることができちゃいます。

お部屋に置いておくだけで、オシャレでかわいいですよね。

用意するもの

  • ガラス瓶
  • 無水エタノール
  • アロマオイル
  • リードスティック(竹串でOK)

作り方

  1. ガラス瓶に無水エタノールとアロマオイルを10:1の割合で入れる
  2. 竹串を数本さす

行程も少なくてとても簡単ですね!

ガラス瓶もオシャレなものがたくさん売られているので、オリジナリティが出せますね。

蒸発しやすくなってしまうので、ガラス瓶はなるべく口の狭いものを使うのがオススメですよ。

フラスコや試験管などを使ってもかわいいですね!

リボンを巻いたり、瓶の中にビーズを入れたりアレンジしても素敵かもしれません。

100均でもこれだけのアロマオイルが揃うので、色々な香りを試せますね。

100均ではありませんが、お茶の香りのアロマオイルもありますよ。

 


イサムコーポレーション ブレンドアロマオイルお茶 NC41027

お茶の優しい香りで癒されること間違いなしですね。

茶香炉でお茶の香りをそのまま楽しむ

アロマオイルの人工的な匂いが苦手な方や、お茶そのものの香りを楽しみたいという方にオススメなのが茶香炉です。

茶香炉の特徴

  • お茶の葉を熱して香りを出す
  • ろうそくの火を使う(電気式の物もある)
  • 陶器やろうそくの火の優しさで、視覚的にも癒される
  • 熱した茶葉はほうじ茶として楽しめる

茶香炉はアロマポットからヒントを経て、1990年代後半に陶磁器の企業によって開発・販売され広まりました。

思っていたよりもその歴史は浅いようです。しかし、アロマグッズの中でも人気の高いものですよ。

ゆらゆら揺れるろうそくの炎を眺めるのも、リラックス効果が高いです!

また、熱した茶葉はほうじ茶として淹れることができるので、一石二鳥ですね。

みっつめは、そんな茶香炉の楽しみ方を紹介します。

用意するもの

  • 茶香炉
  • ろうそく
  • ライター
  • 茶葉

茶葉はお好きな茶葉でOKですが、長時間熱すると焦げてしまいます。

「カリガネ」と呼ばれる茎の部分が入った茶葉が焦げにくいので、特にオススメです。

楽しみ方

  1. 茶香炉の上に茶葉をのせる
  2. 下の部分にろうそくをセットして火をつける

茶香炉さえ準備できれば、とっても簡単です!

ただし、火を使うので使用中は絶対に目を離さないでくださいね。

また、周りに燃えやすいものを置かないでください。

使用後の茶香炉は熱くなっていることがあるので、触る際は注意してくださいね。

100均にも売ってあるアロマポットを茶香炉として使うことができます。

デザインにもこだわりたい方は、通販サイトでもたくさんの種類の茶香炉があるのでいくつか紹介します。


Hwagui 芳香器 アロマバーナー 茶 香炉 陶磁 中空の彫刻工芸 アロマ 炉

シンプルなデザインでどんなお部屋にもマッチしそうです。

すかしも細かく入っているので、漏れ出すろうそくの炎も楽しめます。


元祖 茶香炉セット 茶香炉専用茶葉&ローソク付 川本屋茶舗

コチラは少し渋めなデザインで、和室に合いそうです。

茶香炉、ろうそく、茶葉がすべてセットになっているので、すぐに楽しめるのが魅力ですね。


2WAYマグポット ミカエル イエロー(オイルポット&キャンドルホルダー) MIC-MP-03

ちょっとめずらしい、取っ手付きのものです。

ろうそくを使うのでどうしても茶香炉は熱くなってしまうので、取っ手があれば安心ですね。

まとめ

  • アロマオイルを染み込ませた重曹をお茶パックに入れれば簡単にサシェを作れる
  • 無水エタノールにアロマオイルをたらして竹串をさせば、オシャレなリードディフューザーに
  • お茶の香りをそのまま楽しめる茶香炉も、100均グッズで楽しめる

100均のもので簡単に、アロマを楽しめます!

ぜひ試して、香りに癒されてみてくださいね!

-お茶の豆知識

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5