お茶の豆知識

お茶が変色してしまう原因とは? 変色防止に、身近な○○が大活躍!

お茶を沸かして飲もうと思ったら、変色していた!という経験はありませんか?

私が静岡茶をお土産にもらったとき「お茶をたくさん作っておこう!」と、やかんで沸かして置いていました。そしていざ飲もうとすると、緑茶のはずなのになぜか茶色いんです!

原因はわかりませんが、うすい麦茶のような色になっていました。

その日はあまり気にせず飲んでしまったのですが、身体に影響があったらどうしようと不安になってきました。

それに、どうして変色してしまったのかキレイな緑色のままで置いておく方法はないのかと思いました。

そこで、お茶が変色してしまう理由と、変色防止に何かできることはないか飲んでも大丈夫なのか調べてみました!

一緒に疑問を解決し、安心して素敵なお茶ライフを楽しみましょう!

 

お茶が変色するのはカテキンの酸化が原因だった!

貰い物の緑茶がとってもおいしいかったから、沸かして持ってきたの!
ゆりあ

ひろ
...ん?これ本当に緑茶?なんだか茶色いんだけど。
あら、なんでかしら...。沸かしたときはキレイな緑色だったのに...。
ゆりあ

切ったリンゴを放置していたら、茶色くなってしまった!という経験があるかと思います。

それと同じようなことが、お茶にも起こっているんです。

 

お茶には、ポリフェノールの一種であるカテキン」が多く含まれています。

カテキンはとても酸化しやすいという性質があり、時間が経つにつれて、どんどん酸化していきます。

 

酸化とは

物質が酸素と結びつくことで、違う物質に変化すること。

酸化と言われてもなかなかピンときませんよね。私も、遠い昔に化学の授業で聞いたことがあるような...?という感じです。

イメージ的には金属が時間が経つにつれ、サビていく感じです!

 

もともと無色のカテキンですが、酸化することでオレンジ色に変化します。

そのため、酸化がすすむことで、茶色っぽく変色してしまうんです。

ペットボトルで売られているお茶には、酸化を抑えるための「酸化防止剤」が入っています。

だから、時間が経っても緑色のままなんですね。

どうして変色してしまうかわかってすっきりしたわ。
ゆりあ

ひろ
でもこれ、酸化しちゃってるんでしょ?飲んでも大丈夫なの?

うーん、ちょっと不安になってきたわね。
ゆりあ

変色することで身体や味に影響はあるの?

実際に、お茶が変色することによって身体や味に影響はあるのでしょうか?

もし何かあったら心配ですよね。

安心してお茶を飲むために、変色してしまったお茶の身体への影響と、味の変化を調べてみました!

身体への影響は?

「宵越しのお茶は飲むな」という言葉がありますし、酸化した状態と聞くと、飲んでも大丈夫なのかと心配になりますね。

酸化して色が変わった程度であれば、飲んでも身体に問題ないとされています。

そもそも、「宵越しのお茶は飲むな」という言葉は、お茶を入れ終わって急須に残った茶葉が腐りやすいからということでできたんだとか。

とはいえ、沸かして何日も経ったお茶を飲むのはやめましょうね。

 

味への影響は?

味には若干の変化があります。

カテキンが酸化すると「タンニン」という物質に変化します。

タンニンは渋みが強い成分なので、酸化したお茶は少しずつ渋みが増していきます

 

ひろ
よかった。体に影響ないんだね。いただきまーす!
でもせっかくだから、緑色のまま楽しんでもらいたかったわ。
ゆりあ

 

やはり淹れたてのお茶を飲むのが1番なのでしょうが、どうしても作り置きしておいたり、水筒で持ち歩きたいときもありますよね。

変色を防止する方法は何かないのか、調べてみました!

 

変色防止にはレモン汁が効果的!

お茶の変色防止に効果的なもの。それは、レモン汁です!

レモン汁を数滴たらすだけで、とっても簡単に変色を食い止めることができます。

レモン汁なら身体に害もないですし、手間もかかりません。

味にもほぼ影響がないので、とってもいい方法ですよね。

わざわざ丸ごと1個レモンを買わなくても、このようなお手軽なレモン汁はスーパーにも売られていますね。

 

そんなレモン汁がなぜ効果を発揮するのか、調べてみました。

 

レモン汁が変色防止に効果的な理由

  • ビタミンCが多く含まれている。
  • ビタミンCはカテキンよりも酸化しやすい性質がある。

レモン汁にはたくさんのビタミンCが含まれています。

ビタミンCはカテキンよりも酸化しやすい性質があるため、お茶に入ることで先に酸化していきます。

そのため、カテキンの酸化を遅らせる=変色を遅らせることができるのです。

 

レモン汁の効果を試してみた!

本当にレモン汁が変色防止に効果があるのか、実験してみました。

淹れたてのお茶を2つ用意し、片方にはレモン汁をたらして比べてみました。

 

淹れたてのお茶

3時間後のお茶

結果は見ての通り、レモン汁がバッチリ変色を食い止めています!!

試しに飲んでみましたが、レモン汁は1~2滴たらしているだけなので、味も気になりませんでしたよ。

 

レモン汁がなくても変色防止する方法!

とはいえ、今すぐレモン汁は用意できないよ~!という方もいるかと思います。

なので、レモン汁以外の変色防止方法についても調べてみました。

 

水出し緑茶にする

熱いほど酸化は進みやすいです。

そのため、やかんで沸かすのではなく水出し緑茶を冷やしておけば、かなり変色を防止することができますよ。

作り方はこちら

水出し緑茶は加熱殺菌されていないため、その日のうちに飲み切りましょう!

 

また、茶葉に含まれるカフェインは60℃を超えると水に溶け出てきます。そのため、水出しにすることによりカフェインを抑えることもできますよ。

お茶に含まれるカフェインがアレルギーを引き起こすこともあります!

そのことについては、こちらの記事にまとめています。

 

沸かしたお茶を急速冷却する

熱による酸化を防ぐため、やかんでお茶を沸かしたらすぐに冷水や氷水でお茶を冷やすのも効果的です。

私は今まで、お茶を沸かしたらそのまま放置し、冷めるのを待っていました。

なので、冷める頃には変色してしまっていましたね。この方法も楽チンで、実践しやすいですね。

 

まとめ

  • お茶が変色する原因は、カテキンが酸化するから。
  • 酸化したお茶は身体に影響はないが、渋みが増す。
  • 変色防止にはレモン汁が効果的!
  • 水出し緑茶や、沸かしてすぐに冷やすことも変色防止に効果的!

お茶が変色してしまう原因と、変色させないようにするお手軽な方法をご紹介しました。

早速試して、素敵なお茶ライフ送りましょう!

-お茶の豆知識

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5