おいしい飲み方

お茶の飲み頃温度知っていますか?飲み頃の温度と測り方を徹底解説!

お茶をおうちで入れるとき飲み頃温度って気にしていますか?

気にならないわけじゃないけど。。私はいつも沸騰したお湯で入れてしまいます。
なんとなく、習慣でしょうか。。お湯の温度の測り方もわからないし

でも実は、お茶は種類によって飲み頃の温度は違うのですね。
ですから飲み頃の温度で飲めば同じお茶でも味はずいぶん美味しくなるのです!

あ~なるほど。。言われてみればそうかもね。。
そう思う方も多いのでは?

そこでこの記事では
お茶の美味しい飲み頃の温度について解説していきます!

そして温度の測り方も一緒にお伝えします。

せっかくですからおうちでお茶を入れるとき
美味しい飲み頃でいただきたいですよね!

お茶の美味しい飲み頃の温度知っていますか?

毎日のようにおうちでお茶を入れるけど飲み頃の温度って気にしたことないわぁ
お茶の種類はときどき変えて飲んでるけど。。
ゆりあ

ひろ
お茶には飲み頃の温度があるみたいだね

そうよね~同じお茶でも温度が違うと美味しさが違うよね。。でも飲み頃の温度ってわからないし、やかんで沸かしたらすぐに注いでしまうわね~
ゆりあ

飲み頃の温度でお茶を飲んでる人って少ないのではないでしょうか?

言われれば、飲み頃の温度で飲む方が美味しいだろうと思ってはいても。。
どれくらいの温度が飲み頃なのかわからないですよね。。

そもそも、お茶を入れるお湯の温度をどうやって知るのかが大問題です!

そこで、お茶を入れるときのお湯の温度を知る方法を調べてみました!

沸騰したお湯は100度ですが急須や茶碗に注ぐ前に97度くらいになります。
やかんから急須や茶碗に注ぐとき「10度」くらい下がるので87度になります。
(思った以上に下がりますね)

そして87度の温度がお茶に適した温度になるまでにかかる時間が以下になりますね

  • 80度に下がる時間は2分。。。普通煎茶の飲み頃温度
  • 70度に下がる時間は5分。。。上級煎茶の飲み頃温度
  • 60度に下がる時間は10分。。。玉露の飲み頃温度

上記の時間は目安なので、室温や季節によって多少違いますが
お湯の温度を知る情報の一つです。

そしてお茶は種類によって飲み頃の温度は違うのです!
それぞれの飲み頃温度について次で詳しく解説していきますね!

お茶の種類によって違う飲み頃の温度は?

 

お茶を入れるお湯の温度を下げるには少し置いておけばいいみたいだけど
どのお茶が何度くらいが飲み頃なのか知りたいわね!
ゆりあ

多くの人が一番馴染んでいる番茶、ほうじ茶、玄米茶ですが
これらは高温のお湯で入れると香りが引き立ち美味しいお茶なのです!

ですから沸かしたお湯をやかんからすぐに注いでいいのです!
そして抽出時間は30秒

85度~95度が飲み頃

  • 番茶
  • ほうじ茶
  • 玄米茶

渋みや甘みを美味しく感じる抹茶や煎茶は中温が適しています!
抽出時間は約1分

70度~80度が飲み頃

  • 煎茶
  • 抹茶

高級な煎茶の場合は70度、安価な煎茶では80度がより美味しいようです。

そして甘みを楽しめる玉露は低温(50~60度)が飲み頃と言えるお茶なのです!

紅茶の場合は沸騰したお湯をすぐにポットに注ぎましょう。
そして約3分蒸らします。
高温ですが飲み頃はやや中温に近いでしょう。

ところで沸騰後のお湯を中温や低温にするには「湯冷まし」という方法があります。

沸騰したお湯をやかんから一度「湯冷まし」と言われる器に注ぎ入れます。
この段階で10度下がります。
それから急須に移します。お湯は移し替えるごとに10度下がるので
これで中温になりますね。(70~80度)

低温(50~60度)の場合は「湯冷まし」に入れた段階でもう少し冷めるまで待ちます!

「湯冷まし」の器はお湯飲みやマグカップでも代用できますが
「湯冷まし」があるとよりお茶が美味しくなるような雰囲気がありますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

炭化急須 白と黒 #急須 #teapot #湯冷まし

Saori Yamazaki(@harunohi0127)がシェアした投稿 -

「湯冷まし」を使って移し替えれば、ほぼ飲み頃温度にすることができますね。
でも。。少しめんどくさいなと思う方には。。
もっと簡単に飲み頃温度のお湯にする方法があります。
次でご紹介していきます!

お茶の飲み頃温度の測り方はどうしたらいい?

 

ゆっくりしてるときには「湯冷まし」を使ってお茶を飲み頃温度にするのもいいけど。。
日常的に飲んでるお茶なのでささっと飲み頃にしたい気もするの
ゆりあ

そう思う方も多いのではないでしょうか?

お茶の飲み頃温度を測る簡単な方法(知る方法)。。それはグッズを使うのです!

お茶の飲み頃温度がわかるグッズ

  • お湯の温度が測れるケトル
  • 電気ケトル
  • クッキング温度計

それぞれ人気でおすすめの商品を次でご紹介します!

お湯の温度が測れるケトル

スタグポアオーバーケトル(FELLOW)

2℃刻み温度計が蓋の部分に付いているケトル。
一目でお湯が何度かわかるので飲み頃温度に合わせてお茶が入れられますね
見た目もおしゃれでスマート!ガスコンロ、IH対応です。


電気ケトル

TーFAL(ティファール)温度設定付き電気ケトル

電源プレートに操作部分があり7段階の温度設定が出来ます。
7段階の温度設定は主な種類のお茶の飲み頃温度があります!

温度設定をキープできる保温機能があるのも便利ですね。

クッキング温度計

HABОRクッキング温度計

お茶はもちろん揚げ物の油の温度を測るとき
その他いろいろな料理の際に役立ちますね!

お茶を入れる前のお湯の温度を測るのがいいですね。
1000円前後なので購入しやすいです。

タニタ料理用温度計

火元から手を離しても使えてるので安全です。
表示の温度が横書きで大きく見やすいですね!
人気あるようです!

これらのグッズを使えば簡単にお茶を飲み頃にできますね!

まとめ

お茶の飲み頃の温度と測り方について解説しました!

飲み頃の温度はお茶の種類によって違います

それぞれのお茶の飲み頃

番茶、ほうじ茶、玄米茶、紅茶。。。高温が飲み頃

煎茶、抹茶。。。中温が飲み頃

玉露。。。低温が飲み頃

お湯の温度を下げるには「湯冷まし」と言う方法があり
お湯を移し替えて飲み頃の温度にするのです!

さらに簡単にお茶を飲み頃の温度にするには
グッズを使う方法もご紹介しました!

飲み頃温度に出来るグッズ

温度が測れるケトル

電気ケトル

クッキング温度計

今回お伝えしたことをぜひお試しください。
ご紹介したグッズを使うこともおすすめですね

いつものお茶も飲み頃の温度で飲めば
とても美味しい味になることでしょう!

-おいしい飲み方

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5