お茶の効能

謎の咳が続くのはお茶アレルギーが原因だった!?気になる解決法は?

最近、咳が続くけど発熱もないし、風邪ではなさそう

そういえばお茶を飲んだ後に咳をすることが多いかも

もしかして、お茶が原因のアレルギー!?

風邪っぽい症状がないのにも関わらず、
長く続く謎の咳。

すごく不思議ですよね。

「まさかお茶でアレルギーがあるとは!」と気付かない限り、
病院に行って薬をもらっても症状が繰り返す可能性があります。

この記事では、お茶アレルギーと咳の関係性から、
アレルギーを改善する対策まで紹介していきます。

お茶で咳が出るのはアレルギーが原因?

ひろ
ここ1ヶ月、咳が続いて病院でも見てもらったけど、
原因がわからなかったんだ
1ヶ月も咳も続くと心配になるね
ゆりあ

普段普通に飲んでいるお茶。
小さい頃から主な飲み物として、家で作ったり、
スーパーで買ったりする方は多いのではないのでしょうか?

しかし、お茶を飲むことでアレルギーを起こす方も中には
いらっしゃいます。

ではなぜ、お茶でアレルギーが発生し、咳が出るのか
原因を突き詰めていきましょう。

お茶で咳が出る原因は?

  • 水道水でお茶を作っている
  • カフェイン

水道水でお茶を作っている

お茶を飲む際に、水道水を沸かしてお茶を作っている方も多いのではないのでしょうか?
日本の水道は、水道法によって、水質基準はクリアしているので、
沸騰をさせれば、普通に飲むことは可能です。

しかし少量ではありますが、体に害を与える物質が含まれています。

その物質が「塩素」「トリハロメタン」という物質です。

 

水道水を長く使用し、上記の物質が体内に入ることで、
健康維持に大切な善玉菌が腸の中で減少してしまいます。

善玉菌の減少により、咳がの症状が出る可能性があります。

私も最近まで、水道水を沸かして、お茶を作っていましたが、
現在はミネラルウォーターを箱買いでストックをして、水道水は使わないようしています。

 

カフェイン

私は大学生の頃からコーヒーやカフェラテを飲み始めるようになりました。

2年くらい前から頻繁に咳と吐き気がするようになり、最初はストレスかな?と思い、
症状も1日経てば治っていたので、特に病院に行くこともなく、過ごしていました。

しかし、すぐ症状は治るけど、頻繁に吐き気がするのはちょっと気になっていたので、
自分の行動を振り返って見たら、コーヒーやカフェラテなど、カフェインを含んでいる
飲み物を飲んだ後に暫く経ってから吐き気が起こることが多いことに気づきました。

自身で色々と調べた後に、念の為病院に行ってみると、
カフェインアレルギーだということが判明しました。

大学生の頃からコーヒー飲料を飲んでいたのになぜ、
2年前から吐き気がするようになったのかということについては、
体の変化により、急に今まで大丈夫だった食べ物や飲み物で
アレルギー反応を起こすことがあるとのことでした。

カフェインアレルギーは飲んだ後すぐに症状が出にくく、
時間が経過してから症状が出てくることが多いため、
ほとんどの方が、自分がカフェインアレルギーだと気づきにくい人が多いのです。

もし、カフェインが含まれているお茶を飲んだ数時間後に、
咳の症状が出る方はカフェインゼロのお茶に変えたり、
一度、病院で食物アレルギー検査を行ってみるもの良いかもしれません。

 

お茶アレルギーで咳が出る以外の症状は?

お茶アレルギーになると、咳以外にも様々な症状が出ることがあります。

咳以外に主にどのような症状が発生するのか説明していきます。

お茶アレルギー咳以外の症状は?

  • 吐き気
  • めまい・頭痛
  • 尿路結石

 

吐き気

お茶にはカフェインが含まれている場合があります。

カフェインを多く摂りすぎると、胃液が過剰に分泌されることにより、
吐き気を催すことがあります。

主に、「烏龍茶」「緑茶」にカフェインが含まれています。

私の場合は少量のカフェインでも吐き気を催すことがあるため、
どうしてもお茶を飲みたい場合は、ノンカフェインのお茶を選ぶようにしています。

 

めまい・頭痛

めまいもお茶にお茶に含まれているカフェインが原因で起こることが多いのです。

カフェインには、血管を収縮させる働きがあるため、血行不良を起こす可能性があります。

血行不良が起こることで、めまいや頭痛が起こってしまうのです。

 

尿路結石

尿路結石って何?と疑問に思う方も多いのではないのでしょうか?

体内には肝臓から尿道まで通じている尿路というものがあります。
この尿路に結石ができると、血尿が出たりします。

【結石とは?】

シュウ酸カルシウムとリン酸カルシウムの固まりのことをいいます。

 

シュウ酸を多く含んでいるお茶を過剰摂取しすぎると、
尿路結石になり場合があり、
病院で治療しなければいけない事態となります。

特に夏場は水分摂取量が多くなる季節なので、
お茶を選ぶ時は成分表示を確認して飲むように心がけましょう。

 

お茶アレルギーを改善する方法は?

お茶アレルギーの原因が分かったところで、
では、症状が出ないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

お茶アレルギーを改善してストレスなく過ごすために、
改善法を紹介していきましょう!

 

ノンカフェインのお茶を飲む

お茶を飲んだ時以外に、コーヒーや紅茶を飲んだ時に、
咳をはじめ、上記で説明したようなめまい等の症状が出る方は、
カフェインアレルギーである可能性があるかもしれません。

 

カフェインアレルギーの方の中には、は飲み物は食べ物に少しでも
カフェインが入っている場合でも、咳などをはじめ、
体調不良になりやすくなる可能性があります。
普段からノンカフェインのお茶を飲むように心がけましょう

空腹時にはカフェイン入りのお茶を飲まないようにする

空腹時は胃液が過剰分泌しやすい時間となります。
その時に、カフェイン入りのお茶を飲むと、カフェインも
胃液を過剰分泌する作用が含まれているため、
咳や吐き気等などの症状を引き起こす場合があります。

 

空腹時はなるべく、カフェイン入りのお茶を飲むのを避けるようにしましょう。

過剰摂取を避ける

健康にいいと言われている食べ物や、飲み物でも、
過剰に摂取しすぎると逆に、健康に害を及ぼすことがあります。

カフェインアレルギーでなくとも、
カフェイン入りのお茶を大量に飲むことによって、
咳などの体調不良を引き起こす場合があります。

カフェイン入りのお茶を飲む時は、
多くとも1日500mlまでの摂取を心がけましょう。

 

ひろ
今までカフェイン入りのお茶ばかり飲んでいたけど、
飲みすぎもあまり良くないんだね
今日から、ノンカフェインのお茶だけ飲むようにしよう!
ゆりあ

 

まとめ

・お茶で咳が出るのは「水道水でお茶を作っている」
 「カフェイン」が原因
・お茶アレルギーで咳が出る以外の原因は「吐き気」
 「めまい・頭痛」「尿路結石」
・お茶アレルギーの改善方法は「ノンカフェインのお茶を飲む」
 「空腹時にはカフェイン入りのお茶を飲まないようにする」
 「過剰摂取を避ける」

 

日本人にとっては、お茶は大変身近な飲み物で、
抹茶風味のお茶などおしゃれな味も最近は色々と出てきてますよね!

ノンカフェイン入りのお茶も多く販売されているので、
お茶アレルギーの方も体調を優先しながら、
楽しいお茶ライフを過ごしていきましょう!

-お茶の効能

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5