お茶の豆知識

ペットボトルのお茶に謎の浮遊物⁉︎その正体と対策方法を徹底解説!

「ペットボトルのお茶に、なんだかフワフワした浮遊物が⁉」そんな経験はありませんか?

私は飲みかけのお茶を冷蔵庫に入れて、そのまま忘れてしまっていたのですが、

次に飲もうとしたときには、底の方に何やら白いものがユラユラしていました…

さすがに飲むのは抵抗があったので、捨てることにしましたがあの浮遊物は何だったのか気になりました。

また、気づかず飲んでしまっていたらどうなっていたのか不安になりました。

そこで、お茶に現れた浮遊物の正体と、防止方法を調べてみました!

もし飲んでしまったときの対処方法についてもまとめてみましたよ!

ペットボトルのお茶に浮遊物、その正体はカビ!

ひろ
この飲みかけのお茶、何か白いものがフワフワしてる…
それは、カビよ!飲まないほうがいいわ!
ゆりあ
ひろ
え!お茶ってカビがはえるの?冷蔵庫に入れてたのに⁉

カビといえばお風呂場や押し入れを連想しますよね。

また、食べ物で言えば食パンやミカンによく生えてしまうイメージです。

しかし、実はお茶にもカビは発生します。

お茶は抗菌効果が高いイメージですが、実は細菌の大好物のタンパク質も多く含まれているためカビが生えやすいのです!

ペットボトルのお茶にカビが発生する原因とは

  • 空気に触れることで、空気中の細菌がお茶に入ってしまう
  • 直接口をつけて飲むことで、唾液中の細菌がお茶に入ってしまう

市販のペットボトルのお茶には基本的には防腐剤が入っているため、比較的賞味期限が長いです。

しかし、一度開けてしまうと、どうしても空気中の細菌に触れることになります。

その細菌がお茶に入り込み、時間が経つとどんどん増えてしまいます。

 

また、ペットボトルのお茶は直接口をつけて飲むことも多いかと思います。

唾液には1mLあたり1~10億個の細菌が含まれているので、その細菌がお茶の中で増えてカビの原因になってしまいます。

お茶のカビの特徴は?

お茶に発生するカビの特徴をご紹介します。

このようなものがお茶に入っていたら、飲むのはやめましょう。

危険サイン

  • 白くてフワフワとした綿毛のような浮遊物がある
  • 白いマリモのようなものが漂っている
  • お茶っ葉ではない黒っぽいものが沈殿している
  • お茶にぬめりがある
  • 酸っぱいにおいがする

このように、見た目ではなかなかわかりにくいこともあります。

実際に飲もうとしたときのニオイや、ぬめりで気づくこともあるようです。

確認してから飲むようにした方がいいかもしれませんね。

カビを発生させないための方法

ペットボトルのお茶にカビが発生させないように、いくつかポイントがあります。

  • 早めに飲み切る
  • ペットボトルに直接口をつけず、グラスに移し替えて飲む
  • 冷蔵庫に入れて保管する

カビの種類にもよりますが、25℃くらいの温度がカビが発生しやすいそうです。

そのため、一度開けてしまったお茶は冷蔵庫に入れましょう。

 

本当は、早めに飲み切ってしまうのが一番です。

でも、500mlのペットボトルでも飲み切れない時ってありますよね。

そんな時は直接口をつけて飲むのではなく、グラスに注いで飲みましょう。

麦茶の一般細菌数を検査

出典:株式会社エフシージー総合研究所 環境科学研究室

こちらのデータからもわかるように、唾液がお茶の中に入ってしまうと細菌がどんどん繁殖してしまいます!

わずか数時でも細菌がすごい数になっていますね…恐ろしいです。

グラスに入れて飲むことでかなり細菌の繁殖は抑えられるんですね。

しかし、ふたを開けた時から劣化は始まっています。

後日飲むときは、必ずお茶の状態を確認してから飲むようにしましょうね。

もしも飲んでしまったら?その対処法!

「ポンポンペイン」の写真[モデル:OZPA]

もしカビの生えたお茶を飲んでしまったら、とても焦りますよね!

身体にはどのような影響があるのでしょうか。

身体に何が起こるか

実は、カビ自体は飲んでしまっても、少量であれば身体には影響はありません。

胃酸がカビ菌をやっつけてくれるからです。

もちろん、気分がいいものではないものではないですが…

しかし、カビが発生するようなお茶には、ほかにもたくさんの細菌が含まれている状態です。

その中に毒性の強い細菌が含まれていた場合、食中毒の症状が出る可能性があります。

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 発汗
  • 発熱

このような症状が出た場合は、早めに病院に行くことをオススメします。

では、もし飲んでしまったらどうすればいいのでしょうか。

飲んでしまった場合の応急処置

まずは身体の毒素を排出しなければいけません。そのためには、水分をたくさん取りましょう。

オススメは緑茶です。

緑茶には、殺菌効果の高いカテキンが多く含まれています。

これにより、細菌が身体を攻撃する作用を鎮めてくれますよ。

また、梅干しも効果的です。

こちらも殺菌効果が高く、「梅干しを食べると食あたりになりにくい」と昔から言われていますよね。

緑茶と梅干しについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

  • ペットボトルのお茶の浮遊物、正体はカビだった!
  • カビが発生するのは空気中や唾液に含まれる細菌が繁殖するから
  • カビ防止には直接口をつけて飲まず、なるべく早く飲みきること
  • 少量なら飲んでもカビによる健康被害は起こらない
  • カビ以外の細菌で食中毒症状が起こることもある
  • カビの生えたお茶を飲んだ場合、たくさん水分をとろう

謎の浮遊物の正体はカビでした!

なんとなく冷蔵庫に入れていれば大丈夫という気になってしまいがちですが、皆さんも食中毒にならないよう気をつけましょうね。

開けたお茶は早めに飲み切りましょう!

 

-お茶の豆知識

© 2021 お茶ライフ Powered by AFFINGER5